サーガラ木管五重奏団

サーガラ木管五重奏団の紹介や演奏会情報、その他楽団等で使えるお役立ち情報など、様々な情報を提供しています。木管五重奏はフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンから構成され、どれも全く異なる音色のハーモニーが特徴です。是非演奏会にお越しください!

楽器紹介:ホルンってどんな楽器?(その2)

こんにちは

サーガラのホルンです

 

前回ホルンの概要について説明しましたが

今日はその続きを書こうと思います

 

一言オケのホルンといっても結構いろんなホルンがあります

シングルホルン、ダブルホルン、トリプルホルン、ナチュラルホルン、ウィンナホルン

バセットホルン、イングリッシュホルン

他にもあるかな

 

上段はいわゆるホルンの仲間で

下段は木管楽器です

バセットホルンはクラリネット

イングリッシュホルンオーボエ奏者がよく演奏します

 

金管楽器のいわゆるホルンは

19世紀前半までは今のようにロータリーのないホルンでした

下の画像の左側のレバーがなく真ん中のくねくねした部分が全くない

ただの管状の楽器でした

f:id:saagara-windquintet:20170910223001j:plain

 

実際下のような感じです

f:id:saagara-windquintet:20170916153722j:plain

周りにたくさんあるのは付け替え用の管でクルークと呼ばれます

この間を入れ替えることで楽器の調を変えていました

写真のものはF管のクルークをつけています

もう少し近くで見るとこんな感じです

f:id:saagara-windquintet:20170916161436j:plain

現代のオーケストラでこの楽器を見ることはかなり稀ですが

現在でも使用するオケはあったりします

 

どんな曲で使われるかというと例えば

バッハ、ヘンデルハイドンモーツァルト、ベートーベン

などでホルンの登場する曲はこのナチュラルホルンで

演奏することを意識して書かれています

 

具体的に現代のロータリーのついたホルンと

ナチュラルホルンでどう違うかというと

ナチュラルホルンでは基本的に以下の音しか出すことができません

f:id:saagara-windquintet:20170325224301j:plain

 これは自然倍音列と呼ばれるもので

高校物理の気柱の共鳴等で登場するかもしれません

#正確にはホルンの基音(第一倍音)は25パーセントほど振動数が低くなります

#またホルンは閉管楽器なので最も単純な筒をモデルとすると奇数の倍音しか出ないことになります。どうして出るかについてはおいおい、、、

 

それ以外の記譜のEsやH等の音についてはホルンのベルを

手で塞いで吹くゲシュトップや軽く塞ぐ方法で出していました

ただこの方法では音によってくぐもったり金属的なビーンという

音になってしまいます。ですのであまり好まれて自然倍音列以外の

音は使われてきませんでしたし、くぐもったり金属的な音になることを

考慮して書かれていました。

以下の例はブラームスのホルントリオの演奏例です

ホルンはナチュラルホルンで演奏されています(いるようです)

www.youtube.com

 

※演奏と映像があっていないようです

※手はベルの中に入れて演奏します(youtubeの動画の吹き方とは異なるはずです)

 

バロック時代以前は手を入れないで演奏していたようです

手を入れない場合は第11倍音(Fis)が非常に高くなることが知られています

また手を入れないので当然ゲシュトップなどができず自然倍音列以外の

音を出すことはできません

 

時代が経つとベルの中に手を入れて演奏するようになります

手を入れて演奏することでブラームスのホルントリオの例のように

自然倍音列以外の音を出せるようになりました

youtubeの演奏をよく聞くとビーンという音が出ているのが聞こえると思います

これが手で塞いで出る音です

 

一方

現代のホルンはロータリーによって管の長さを変えることで

上記の音以外にも音を埋めています

別の言い方をすると

現代のホルンはロータリーを押すことによって別の

調の自然倍音列に移すことができるということになります

 

その意味でシングルホルンには3つのロータリーがついているので

単純計算で2の3乗=8本のナチュラルホルンが組み込まれていると考えることができます 

実際は1+2番ロータリー=3番管になるようになっているので重複をのぞいて7本ということになります。

一般的なシングルホルンでは

1番ロータリーが全音

2番ロータリーが半音

3番ロータリーが全音+半音

下がるようになっているので

F管のシングルホルンでは

F , E , Es , D , Cis , C , H の調のナチュラルホルンが入っていることになります。

さらにダブルホルンではF管に加えB管の楽器が入るので

B , A , As , G , Fis , F , E の調のナチュラルホルンが入ることになり、

重複を除き12本のナチュラルホルンがダブルホルンに含まれていることになります

 

昔はこれらの調のホルン間を曲の間や長い休みの間に変えたりしていました

なのでナチュラルホルンを想定して書かれている曲で調が変わりホルンの調を

変える必要がある場合は吹く直前は比較的長い休みがあることが多いです

 

余談ですが下の写真の大きなロータリーについているレバーを押すことで

F/Bの切り替えを行います

f:id:saagara-windquintet:20170912225629j:plain

ホルンの裏側

 

 

さてどこに着地して終わるかだんだんわからなくなってきてしまいましたw

 

ここからはどうでも良い話

ダブルホルンを分解するとこんな感じです

全部抜いてしまうと少し間抜けです

f:id:saagara-windquintet:20170918214848j:plain

ホルンにはベルカットというモデルがあり

このようにベルを取り外すことができます

これのおかげで収納がこんなにコンパクトになります

f:id:saagara-windquintet:20170918215159j:plain

 

これでだいたいわかっていただけたでしょうか

まだまだ紹介できていない部分が多いと思いますが

一旦ここまでにしようかなと思います

 

また紹介したいことを思いつき次第更新いたします1